野菜嫌い

このひと月で一年分の野菜を食べた。誇張ではない。こどもの頃や少なくとも大学時代は野菜嫌いではなかった。走りのサラダバーをよく食べた(ついでによく飲んだ)。
東京から香川に引っ越して23年間が経過する。特にここ10年ほどは野菜をほとんど食べなくなった。ここ1年間はかなり酒量が上がった。そして、倒れて入院した。
ちょうど30日間、野菜中心の食事になった。外食はまだしていない。その結果なのだろう。いい調子である。塩分コントロールもしているが、あまり不満はない。酒量は日に一合。これは寂しいが、仕方ない。飲めるだけありがたい。そして、週一回は酒を飲まないようにしている。休肝日という言い方は好きになれないので、お酒を休む日と呼ぶ。
さて、野菜。なぜ食べなくなったのか。
ここ数日で理由がわかった。面倒なのだ。野菜は口をたくさん動かす。大量の酒を飲むのには合わないのだろう。今はとても美味しくいただいている。野菜の味がかなりわかるようになった。朝食や昼食も結局野菜を残していた。
野菜が面倒だというのは、自分でも考えたことがなかった。塩分がほとんどなくても、ひとつひとつの野菜の味はなかなかである。毎食10種類以上を食べる。塩味でなく、素材の味わいを楽しむ。すると、時間が2〜3倍掛かるが、それだけ幸福な時間が伸びたということである。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック