車両点検

香川県ではクルマに乗らないと仕事が滞る。
本当は車には乗りたくないと思っているのだけれど、10kmの距離を往復するのにタクシーを使うわけにはいかない。「最寄り駅」という発想はこちらに来てからはない。都会生活者なら、「バスは?」「地下鉄は?」と問うかも知れないが、バス会社の経営が成り立つ程のお客はいないのだ。私は古ぼけた写真でしか見たことはないが、昔は路面電車が走っていた。
四国内なら、高知にも松山にも走っている。便利である。広島や岡山のそれらは、車両自体が格好いいし、乗客も多い。知らない都民もいるようだけれど、東京では路面電車はまだ健在である。
香川県がモータリゼーションで路面電車を手放したことは大きな失策である。生活の足でもあり、旅行者の足にもなる。金毘羅さんに路面電車で行こう!なんてキャッチはどうだ。素敵な旅行になる。自動車会社を潤わせることが戦後自民党政治の骨幹であった。細川さんが都知事選でいいことを言っていた。脱原発もそうだが、繁栄というカタチでない幸福を追求する必要についてだったと理解したい。皆が仲良く平和に暮らせることが最低限の国のカタチである。

まあ、ないものねだりはできない。仕方ないので、点検しにやって来た。90分掛かる。折角の時間だ。本を読もう。これまた仕方ないので仕事関係の文献。
点検してもらっているクルマと一緒で、ぼくも相当ガタが来ているなあ。いろんなところが立ち行かなくなって、オーバーホールが必要である。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック